迷子犬を保護したら

迷子犬

迷子犬を保護した時の犬への接し方やどこに連絡すればいいのか紹介しています。

迷子犬を保護したら、初めにすること

迷子犬は警戒しているので、かまれたり逃げ出さないように慎重に対応しましょう。 迷子犬への接し方は、警戒心を解くために優しく声かけをして、自分から寄ってくるまで近づかないようにしましょう。 そして、近づいてきてもすぐには触らず、手のひらを差し出し、犬のほうから寄ってくるまで待ってから触るようにしましょう。

犬が落ち着いたら、ネームプレートや鑑札、首輪の裏などに連絡先があるか確認してみてください。 連絡先が判かれば、そこへ連絡してあげて下さい。

迷子犬?捨て犬?

迷子犬と捨て犬の違いは、首輪の有無などである程度わかりますが、 段ボールに入れられていたなど、確実に破棄されたと判断できるもの以外は、まず迷子であると考えて対処しましょう。 また、体が汚れていても迷子になっている間に、汚れてしまってたというケースが多いので、安易に捨て犬だと決めつけないようにしてください。

飼い主を捜す

飼い主を捜すには、まず警察・保健所・動物収容施設などへの連絡をします。 そのときに、保護した犬の情報をメモしてから連絡するとよいでしょう。

メモしたほうがいいこと

  • 保護した場所、経緯
  • 種類、大きさ、毛色、おおよその年齢
  • 首輪の有無や色
  • 鑑札番号・ドッグタグの有無

警察署

警察署は正式な届け場所ですので「拾得物届け(落とし物)」を出します(24時間365日受付)。 まずは保護した場所に一番近い警察署・交番・駐在所に届けます。 あとあと、盗難されたと誤解されたり、トラブルに巻き込まれないようにするために必ず届出はしましょう。 また、犬を預けてしまうと、保健所に移動され一定期間後、処分されてしまいます。

都道府県警察における遺失物の公表ページ:
http://www.npa.go.jp/consultation/chiiki2/ishitsubutsulink.htm

保健所・動物愛護センター

保健所・動物愛護センターはペットを保護したり、目撃情報が寄せられたりしています。 また、犬を預けてしまうと、保健所によって違いはありますが、長くて1週間、短くて3日ぐらいで処分されてしまいます。 また、飼い主から「迷子届」が出ている可能性もあるので、必ず連絡するようにしましょう。

国立感染症研究所HP・全国保健所一覧:
http://idsc.nih.go.jp/hcl/index.html

環境省HP・収容動物検索情報サイト:
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/

動物病院

飼い主さんから連絡を受けていたり、ポスターが張られている場合があります。

インターネット

近年では、犬の迷子や保護をTwitterなどSNSで呼びかけていることも多いのでぜひ活用しましょう。 また、当サイトが運営している迷子犬の掲示板「迷子犬.com」は無料でご利用いただけます。

迷子犬の掲示板

迷子ペット.NETのTwitter

迷子ペット.NETのFacebook

飼い主が見つかったら

飼い主が見つかったら、住所などを確認できる身分証明書と犬の写真などを持参して頂き、飼い主本人であることを確認しましょう。 忘れずに、届出をした警察・保健所・動物収容施設などへ報告してください。

さいごに

迷子の犬を保護することは、簡単なことではありません。 もし、飼い主や里親が見つからなければ、保護した人が犬の将来に責任を持つことになります。 でも、飼い主のもとへ帰りたい犬と愛犬を探している飼い主のために、橋渡しをしてくれる方がたくさんいてくださると願ってやみません。。